電子印鑑システム
ホーム よくある質問 質問箱
.
承認はんこ

行書 行書 行書 LogID 西暦 遊印

shanko
印鑑をオブジェクト挿入


承認はんこはExcelやWordなどのOLE対応ドキュメントに電子的に認印を押印し、パソコン上で電子的に決済をするソフトウェアです。

単なるイメージではなくオブジェクトとして文書に挿入されます。

オブジェクトには押印情報(文書番号、承認者名、日付、承認者の所属、承認項目)およびパソコンID、Windowsログインユーザ名が埋め込まれます。これらの押印情報はいつでも簡単に確認することができます。

押印の際にはパスワードを入力しなければなりません。このパスワード機能によってパスワードを知っている人しか押印できないようになっており、電子承認が可能になります。

押印ダイアローグ入力例
押印ダイアローグ
印影は128×128ドットのイメージで表現


承認はんこは印影を128×128ドットのイメージで表現します。

2300姓の名字の印影が用意されていますがユーザサイドで作成することも可能です。印影ファイルリスト

128×128ドットで表現しますのでペイントなどの汎用ツールで簡単に作成することができます。

作成したビットマップファイルは印影ファイル変換ツール bmp2han を用いて印影ファイルに変換します。

注)印影ファイル変換 bmp2hanx を利用するには企業ライセンスが必要です。パーソナルライセンスでは利用できません。

ペイントによる印影の作成例
ペイントによる印影の作成
独立した管理ツール

承認はんこ は、押印時に使用する押印ツールと印影管理を行う管理ツールとに分かれています。管理ツールをエンドユーザに開放しなければ高度なセキュリティーが守れます。 さらに、印影ファイルを作成する印影ファイル作成ツール(bmp2hanx.exe)も独立していますので、さらに高度なセキュリティーを確保できます。

特長

・オブジェクト挿入機能を用いた簡単確実な電子承認印
・印影は128X128ドットで表現
氏名印、日付印、似顔絵印など128X128ドットで表される印影なら何でもOKです。
・現在2300姓の印影が用意されています。 自分の名前が見つかればすぐに使えます。
・パスワードで確実なセキュリティーを実現
・日付はパソコンのシステムクロックからの自動入力
・押印履歴をログファイルに出力可
・文書番号、承認者名、日付、承認者の所属、承認項目などを挿入可
・印鑑の色は任意に設定可
・印影のサイズは1mm単位で設定
・印影に押印日付を表示可能
・押印ログID表示によるコピー抑止
・日付形式は和暦と西暦が選択可、さらに西暦の年は4桁と2桁が選択可
・WORD,EXCEL,PowerPoint用押印メニューバーが用意されています。
・クリップボード経由での押印も可能です。
・押印ツールは日本語/英語切り替え可能です。

動作環境

Windows8.1 / Windows8 / Windows7 / Windows Vista

ユーザ毎にユニークなライセンスID

企業ライセンスユーザには企業名などを指定できるライセンスIDを重複しないように発行いたします。ご指定いただいたライセンスIDを埋め込んだ印影ファイル(2100苗字)を生成してお届けいたします。